So-net無料ブログ作成
検索選択

安保法案反対なら自民党政権打倒の署名運動を [政治]

 現在の自民党政権は、国民の圧倒的な支持を得て誕生した。したがって、その政権が行なう政治は民意である。もし、安保法案を廃案にしたければ、次の選挙で自民党政権を倒し、安保法を廃止するのが手順である。
 しかし、安保法案を成立させたら、次の選挙で確実に負けるとなれば話は変わってくる。民意を踏みにじったら、どういうことになるか。民主党政権誕生は自民党のトラウマになっていると考える。しかし、安保法案を通したら次の選挙で負けると自民党が考えなければ彼らは変わらない。たとえば打倒自民党政権の署名運動のようなものが必要なのである。
 しかし、民主党に政権担当能力は無いという心配がつきまとう。前回で懲りた気もする。
また、中国が尖閣諸島を攻めて来ないのは、尖閣諸島は日米安全保障条約の対象になるというアメリカの姿勢のおかげであると私は考える。そうでなければ尖閣は南沙諸島のようになると思う。対米公約である安保法案の成立はやむを得ないという考え方もある。また、アメリカには「日本が攻められたらアメリカは戦う」のに「アメリカが攻められても日本は戦わない」ことを不満に思っている人達がいる。日本人も血を流すべきだということである。
 ただし、安保法案には重大な問題がある。それは憲法に違反していることである。憲法の解釈を変えて安保法案を作るのはどう考えても無理がある。正面から憲法改定をすべきである。
 朝鮮戦争が再開されたら、北朝鮮から核ミサイルが飛んできたら、中国が尖閣諸島を占領したらというあらゆる可能性を考えて憲法を変更する必要はあるかもしれない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。